橋梁・道路設計は、広島のNEXCO西日本コンサルタンツ株式会社:事業内容

TOP > 事業内容 > 橋梁設計

橋梁設計

私たちは全国の橋梁設計を数多く手掛けてきた豊富な経験を活かし、新設橋梁の設計のみならず、耐震診断や耐震補強設計、高齢化橋梁の修繕設計も行っている橋梁設計のスペシャリスト集団です。

一般図作成 予備設計 詳細設計
補修・補強設計 耐震性能照査 ほか

新設橋梁設計

橋梁設計にあたっては、交差条件、地質条件、周辺環境等を踏まえて、構造物の安全性、耐久性、施工性、確実な維持管理とその容易さ、環境との調和、経済性といった様々な視点から合理的な設計を行うのはもちろん、新技術の採用についても積極的に挑戦しています。

耐震設計

当社では、長大橋や近傍に断層が存在する橋梁の場合、道路橋示方書の標準的な設計地震動によらず、現地の断層位置や規模、地盤特性等に即して設計地震動を設定し、動的解析を行い、構造物の地震時応答を確認しています。

高速道路リニューアルプロジェクト設計

高速道路の約4割が供用から30年を超え、健全性を永続的に確保し道路ネットワーク機能を将来にわたり維持していくため、「高速道路リニューアルプロジェクト」が始められています。当社は、プロジェクトの実施・展開に向け、技術基準の作成等を担っています。

大規模災害における設計支援

近年、地震や暴風雨など自然現象の脅威が増大し、高速道路も被災を免れない事象が発生しています。当社はネクスコ西日本グループの一員として、被災した高速道路の早期復旧に向けネクスコが行う復旧計画の立案・設計を全力で支援します。

表彰事例

NEXCO西日本コンサルタンツ株式会社が、これまで受賞した表彰の一部をご紹介します。

設計照査の取り組みについて

当社では下記のとおり、ミスを出さない照査体制を構築することで成果品の品質確保を図っています。

  1. 照査項目一覧表に基づく照査
  2. 3D-CADによる鉄筋の干渉照査
  3. 図化による座標計算の照査
  4. 整合確認表による設計図面と計算書の整合照査
  5. 対象業務に関与しない技術者も交えた社内会議(デザインレビュー)の実施