橋梁・道路設計は、広島のNEXCO西日本コンサルタンツ株式会社:特許技術

TOP > 特許技術 > 特許技術

特許技術

鋼製主桁と下部工との接合構造

鋼ポータルラーメン橋の橋台剛結部において、鋼桁フランジにずれ止めとして直接開口を設ける構造。

特徴:

  • ・伸縮装置や支承等の省略により、施工性、経済性、維持管理性に優れる。また、走行性の向上や振動・騒音の軽減が期待できる。
  • ・遊間がないため漏水による桁端部劣化の懸念がない。

(特許4654138号)
NEXCO西日本コンサルタンツ㈱・西日本高速道路㈱

施工例(下谷池橋/阪和自動車道)

施工例(下谷池橋/阪和自動車道)

地盤情報を得る調査手法

ロッド先端に抵抗体を装着し、地中に貫入して地盤情報を得る調査方法。

特徴:

  • ・現状の地盤調査手法との連続性を保ちながら地盤変形解析に必要な変形係数、粘着力、内部摩擦核を直接的、連続的に得て、より精度の高い解析用地盤モデルを得ることを目的としたもの。

(特許4694513号、4874417号、4874418号)
NEXCO西日本コンサルタンツ㈱・基礎地盤コンサルタント㈱・前田良刀・豊岡義則

ロッド先端の抵抗体

ロッド先端の抵抗体

高架橋高速道路の排水溝形成部材及び該排水溝形成部材を使用する高架橋高速道路の施工方法

橋梁床版鉄筋を一体化したコンクリート製排水溝を工場製作し、鋼床版や型枠に設置後、コンクリートを打設して橋梁と一体化させる工法。

特徴:

  • ・排水溝は浅型形状で上部にスリットがあり集水性能を有し、維持作業を軽減可能。
  • ・高強度コンクリートを使用することで、床版より先に劣化することを防止。

(特許5967698号)
NEXCO西日本コンサルタンツ㈱・東日本高速道路㈱・ゴトウコンクリート㈱

排水溝形成部材

排水溝形成部材